つわり対策 アロマ

つわり対策 アロマ

ツワリの原因はいくつかあるのですが、妊娠初期にプロゲステロンというホルモンが多量に産生されて血圧が低下し、だるさや無力感を感じます。

 

妊娠5,6週から始まり、4,5か月後には大概の人が落ち着きます。中には臨月まで続く人もいます。吐き気、嘔吐、食欲低下などの症状を伴います。酷い場合は体調の悪さからうつ病になる人もいますが、その場合は病院にいらしてください。

 

カフェイン抜きのレモン水、スポーツドリンク、緑茶、ペパーミントティー、発砲ガス入りミネナルウォーター、ジンジャーエールなどは吐き気を緩和してくれます。アロマ(精油)にはグレープフルーツ、ベルガモット(アールグレイの香り付け)、レモン、ペパーミントなどがあります。

 

私事になりますのですが、ウィーンからローマ空港まで電車で、そのまま飛行機に乗り継ぎましたら、若い頃とはいえ吐き気というより気分が悪くなり、ぐったりとしました。スチュワーデスさんが(現在はスチュワーデスとは言わないのですね)すぐに脱脂綿に浸したミント+レモンの香りをかがせてくれましたら、気分は即効で良くなりました。

 

精油(アロマ)をハンカチやティッシュに垂らして持ち歩いてください。吐き気を防ぎ、気分をリフレッシュしてくれます。マタニティリフレッシュアロマオイルを通販でもお求めになれます。ハーブティーでは、ジンジャーティー、ペパーミントティー、レモンバーム、ローズヒップ、カモマイル、ハーブ密酢(ラベンダー、ローズ、キンモクセイなどの種類があります)など。お酢は食欲を亢進する力があるそうです。